2020年01月24日

2019年第6回例会(12/8実施)入席作品【テーマ:こども】


テーマ : こども

総評 山ア 友也

 テーマに対して提出された作品に講評をしていますが、
毎回それっきりで終わっていました。
そのため今回は復習や再撮の機会をつくるべく、
あえて前回と同じテーマを出してみました。

 やはり前回よりも「こども」との距離感が縮まり、
レベルもアップしたのは良かったと思います。
が、そもそもどうしてこのテーマを選んだかという趣旨を
理解していない作品も多く、
写真的には良いものもあっただけに、
惜しい気もしています。

 




第一席 溝渕 博

01溝渕博.jpg

前回のディフェンディングチャンピオンが、
見事防衛に成功です。
しかも今回、よりパワーアップした作品に仕上がっています。
光線状態も夕方の感じが良く出ていますし、
スローシャッターでこどもたちの動きをブラして
動感も表現しています。
大変素晴らしい写真だと思います。





第二席 山川 健一

02やまかわ.jpg

構図に難があるのですが、
こどものふとした自然な表情がなんともいえず、
セレクトしました。
この距離での撮影はこどもがこちらやカメラを意識してしまい
撮りづらいのですが、その裏にある、
素を引き出した会話力や振るまいを評価します。





第三席 佐藤 新一郎

03さとうしんいちろう.jpg

親御さんに必死に手を振ってアピールするようすを、
スローシャッターで捉えたまでは良かったです。
ただしそうであるなら手の平が
もう少しちゃんと見えているカットを選ぶべきでした。
構図も良く表情も最高だっただけに、
ちょっと惜しかったですね。






第四席 森元 容梨子

04森元容梨子.jpg

かなりのローアングルと水平をずらした大胆なカメラアングルが
他を圧倒していますね。
ただこの子の表情から察すると、
まだまだ心は掴めていません。
親御さんらがいたから撮れたのだと思います。





第五席 山内 真弓

05山内真弓.jpg

おそらくお母さんのすぐ横の位置から
撮られているかと思いますが、
突然のよそ者の登場にも
ナチュラルなしぐさが出ているということは、
作者がこの親子となじめている証拠です。
振っている右手をブラせば動感も出ましたし、
ニコパチでも良かったですね。






第五席 佐藤 理

06佐藤理.jpg

SLに対するこの子の気持ちが
非常に分かりやすく撮れています。
が、彼と同じ方向を見ていない右下の子は不要でした。
カットしてSLをもう少し入れれば、
日の丸構図も防げたと思います。


posted by CPCれいるうぇいず at 14:53| 日記

2019年10月05日

2019年第4回例会(8/10実施)入席作品【テーマ:こども】


テーマ : こども

総評 山ア 友也

 走っている車両の写真は、ある意味、誰でも撮れます。
しかし、スナップ、しかも「こども」を撮るということになると、
その人の手腕や感性、そして度胸が試されます。

 今回みなさんの作品をみて、
度胸の部分の弱さが露呈されましたね。
子どもとあらゆる意味で同目線にならないと、
このテーマを克服するのは難しいでしょう。
 あと席次ですが、写真自体はよいのですが、
諸事情で上位に選べない作品も多く、
その点では歯がゆい思いをいたしました。

 




第一席 溝渕 博

01溝渕博.jpg

やはり目につくのは、真ん中にいる南海のTシャツを着た坊やです。
手のしぐさや立ち方などから、
両隣にいる子たちとは列車に対する関心度が違います。
あと面白いのはこの子、本当に列車を見ているのでしょうか!?
その面白さもこの作品のポイントですね。





第二席 西住 美穂

02西住美穂.jpg


写真的にはこちらの作品はかなり良いのですが、
当クラブの席次決定の基準はプリントなので、
二席とさせていただきました。
評価のためにWEBに作品をアップする際など、
ほかにも不手際などが多いのは、
公正を期す上でも直してもらわないとなりません。





第三席 佐藤 理

03佐藤理.jpg


ボクちゃんが電車に手を振っている微笑ましいようすを
シルエットにすることで、
楽しさや期待感を芸術的に表現しています。
両手もしっかりと見えているので、
タイミングもバッチリでした。
ただ、黄色い線の内側にボクちゃんが立っているのが致命傷でした。
世知辛くなった世の中を恨むしかありません。






第四席 森元 容梨子

04森元容梨子.jpg

子どもたちの表情が見えなくても鉄道に対して
ワクワクしているようすが手に取るように分かるので、
とても良い作品です。
特に左の子の右手が効いています。
センターに線路を置いた構図も素晴らしかったのですが、
この子たち二人とも他人でしたら最高でした。





第五席 山内 真弓

05山内真弓.jpg

鉄道員の表情が笑顔で大変ほっこりする
ハイタッチの場面なのですが、
なぜかそれが伝わってきません。
それは画面左の、子どもと手をつないでいる
お母さんのポージングです。
お母さんの身体をカットして手の先あたりのみ入れていれば、
そのようなことはなかったと思います。






posted by CPCれいるうぇいず at 09:14| 日記

2019年08月09日

2019年春撮影会 「東武スカイツリーライン・亀戸線」


2019年春撮影会
 「東武スカイツリーライン・亀戸線」
5月19日(土)


総評:山崎 友也

今回は前半はスナップ、
後半は風景がメインとなるような撮影場所だっただけに、
似かよった作品が多くなってしまいました。
そのなかで自己の感性をアピールした人たちが、
選出された印象です。
ただしもう少しイメージよりの作品があっても
良かったような木がしています。






第一席 「お先にパチリ」
佐藤 新一郎

01佐藤新一郎.jpg

スナップを撮るときに、常々
「第三者や傍観者になるな」
と言ってきました。
ただその場面を外野から撮るのではなく、
自分もそこに加わらないと臨場感ある写真は撮れません。
その観点からいうと、
こちらの作品は見物客ではなく、
祭りに参加している人の目線から撮られています。
列車もお神輿色で華やかさを増してくれました。





第二席 「タイムトンネル
野村 一也

02野村一也.jpg

暗く狭いガード下のようすが、よく再現されています。
列車をブラして動感を表したのは正解でした。
加えて手前のシルエットの人物がいたことで、
奥の踏切との距離感も生じているうえ、
背景を傍観しているような、
なにかキーパンソン的な役割も果たしています。





第三席 「武骨
森元 容梨子

03森元容梨子.jpg

ガードの裏側の幾何学模様を画面いっぱいに配置した大胆な構図です。
しかもわずかなハイライトをうまく活かし
金属に質感も感じられます。
もしかすると列車は普通ではなく、
特急などであれば、
もっと鉄道の存在感が出ていたかも知れません。






第四席 「ダッ〜シュ!!
征矢野 毅彦

04征矢野毅彦.jpg

列車が過ぎ去って踏切を渡る少年を、
絶妙なタイミング、
そして完璧な対角構図で捉えられています。
他の通行人や自動車などもあることでしょうから、
あらかじめこのような絵柄を思い描き、
じっくり待った成果だと思います。
粘り勝ちでしたね。






第五席 「水陸競演
牧野 英和


05牧野英和.jpg

遊覧船の「ヒミコ」と特急「りょうもう」のコラボ、
狙っていて撮れるものではありません。
さぞ嬉しかったことでしょう。
ただ焦ってしまったのか、
水平が出ていないのが残念でした。
あと列車の先頭部がもう少し右の、
すっきりと顔が見えているカットが良かったです。





posted by CPCれいるうぇいず at 15:31| 日記