2017年05月25日

第31回例会(3/18実施)入席作品【テーマ:1/8000秒】


テーマ : 1/8000

総評 山ア 友也


テーマが具体的なだけに、
その設定で撮影しただけではなく、
効果がでていないと意味がありません。
そこでみなさんが思いついたのが
「水」 でした。
しかし利用方法、
表現方法で差がつきました。
今回は入賞作品と
そうでない作品との差が大きかった分、
入賞作品同士では
レベルが拮抗し、
選別するのに苦労しました。




第一席 「ホームでのひととき」 福田 光昭

審査用_福田光昭_ホームでのひととき.jpg

まるでガラス細工のような
オブジェのなかに、
さりげなく電車が写っている
心憎い作品です。
しばらく考えないと
分からない面もありますが、
実は高速シャッターの特色が
見事に表現でき、
力強さも感じます。
ISO感度をもっと上げて
露出アンダーを防げば
完璧でしたが・・・




第二席 「のんびりですが」 佐藤 理

審査用_佐藤理_のんびりですが.jpg

水をハイスピードで撮影すると、
ごらんのように
玉になって写ります。
そのバックにタイミング良く
新幹線が顔をのぞかせています。
実際にこの区間では
速度は遅いのですが、
“新幹線=速い”
というイメージがあるので、
水とともに高速シャッターで
撮ったのだという
印象が強く感じられます。
ビルに反射した太陽光も
絶好の位置で、
大変素晴らしい一枚です。




第三席 「明日へ向かって!」 西住 美穂

審査用_西住美穂_明日へ向かって!.jpg

走行中の列車の窓から
トラス橋越しに景色を撮影しています。
ただそれだけの写真に見えますが、
トラスは目まぐるしく次々と流れていくので、
このように写すには
ハイスピードシャッターが必須です。
ただ構図的に中途半端で、
シンメトリーにするのか
あおるのか
決めた方が良かったですね。




第四席 「雨跡」 藤井 修

審査用_藤井修_雨跡.jpg

降りしきる雨のなかを
疾走する迫力が
ひしひしと伝わってきます。
ここまで飛沫が写るくらいですから、
かなりの豪雨だったと思います。
また車体を流れる水痕が
水平に近くなっていることからも
列車の速さが表現され、
その物体を止めて
撮影できていることからも
かなり速いシャッター速度を
使用していることが分かります。




第五席 「飛水玉」 堀内 敦彦

審査用_堀内敦彦_飛水玉.jpg

水しぶきを画面全体に
写し込んだことで、
迫力とシャッタースピードの速さが
表現できています。
ただこのご時世、
ISO感度を上げて
被写界深度をもっと稼ぐべきでした。
あと列車は画面右から出て
左が先頭部という構図の方が
バランス良かったですね。




第六席 「余寒の宵」 山内真弓

審査用_山内真弓_余寒の宵.jpg

夕日と列車を
左右に配置して
線路に正対した、
ある意味完璧な構図です。
列車をこの位置で止めるのは、
高速連写したまぐれな結果
かも知れませんが
素晴らしいですね。
また車両の前面に
太陽が反射したのも
アクセントとなって
効果的でしたね。




次点(順不同)

中村 真理  駒崎 洋介
固山 敏行  森元 容梨子

posted by CPCれいるうぇいず at 22:29| 日記

2017年03月14日

第30回例会(1/22実施)入席作品【テーマ:自由】



テーマ : 自由

総評 山ア 友也


今回はテーマが「自由」ということで、
皆さんの個性あふれる?
作品群が集まると期待していましたが、
やや拍子抜けした感が否めませんでした・・・
「好きなように撮ってください」と
クライアントに言われるのが一番困るのが私たちプロの世界、
皆さんはアマチュアなので自分の好きなテーマで
生き生きとした写真を素直に撮れば良かったのですが、
少々考えすぎたようでしたね。
既存の枠にとらわれず、
そもそももっと自由な発想でそれぞれ刺激し合って、
この会を盛り上げて生きましょう!




第一席 「ヴィーナス」 福田光昭

1席.jpg

三日月と列車の軌跡を見事に捉えた作品です。
月の出と方角、そして列車の時間を計算しないと撮れません。
しかも月に大接近した金星をも写し止めていることで、
より写真的価値を高めています。
すべてが狙い通りに撮れた素晴らしい一枚だと思います。




第二席 「降りすぎ・・」 西住美穂

2席.jpg

降りしきる雪のなか、
踏切を渡るけなげな親子の姿を写しました。
画面右側の空間がちょっと余計でしたが、
レールのカーブの向きと親子の進行方向など、
全体的には構図のバランスも取れています。
ただしタイトルの付け方を
もう少し考えた方が良いかと思います。




第三席 「雪日」 森元容梨子

3席.jpg

このような悪条件でこそ良い写真が撮れるのだと、
経験上ボクは思います。
美しく幻想的な風景なのですが、
構図に難がありました。
ベンチを中央に置いてシンメトリーにして、
右の柱はカットすべきでした。
ただ列車をブラした感性は大正解でしたね。




第四席 「子午線の駅」 中村真理

4席.jpg

日本標準時子午線をまたぐ駅でのスナップですが、
ホームのタイルだけでは鉄道感に乏しいので、
奥に列車を入れたのが良かったです。
ただしもっとISO感度を低くして
絞って撮れば必然的にシャッター速度も遅くなります。
その結果列車がブレるので、
さらに良くなったと思います。




第五席 「かって踏切」 山川健一

5席.jpg

雪原を歩く小動物の足跡。
それが線路をまたいでいることから、
このタイトルになったのだと思います。
まぁ彼らにしてみれば踏切もなにもないのでしょうが(笑)。
ただスクエアにした意味が見えないのと、
どうせなら樹木の影がないところで撮りたかったですね。




第六席 「散歩」 尾崎浩

6席.jpg

かつての写真展の際に、
「園児でもいればもっと良かったのに」と
ボクが講評したリベンジなのか、
田舎の昼時を非常に表した作品です。
ただしもっと言うならば、
やはり園児たちが
この踏切を渡っていた方が良いでしょうね。
それくらいやらないと面白くありませんね!




次点(順不同)

堀内敦彦、 固山敏行、 渡部円


posted by CPCれいるうぇいず at 20:21| 日記

2016年 年度賞 入賞・入席作品


2016年 年度賞
総評 山ア 友也



総評
やはり年度賞ともなると皆さんのやる気が変わってきますね。
場所も季節も異なるそれぞれの作品を見ていると、
他の鉄道フォトコンにはない個性が感じられ嬉しく思います。
ただし会員数に比べると提出枚数が少ないのが
残念なところではありますが。




最優秀賞
 「朝焼けザバーン」 堀内敦彦

最優秀.jpg

波と列車を同時に撮るだけでも難しいのですが、
さらに朝焼けを受けて列車の輝きも加わり、
これ以上ない組み合わせになりましたね。
もちろん露出や構図のバランスなども良く
基礎もできていますので、
運だけではなく作者の実力も感じ取れる秀作です。




第一席 「輝け、ゴーッ!!」 山本俊則

一席.jpg

作品であればピントが合ってたりぶれていないということは
それほど重要ではありません。
逆光で輝くレールとトンネルの中との激しい明暗差を
ぼかしたりぶらしたりすることで、
とても詩的で空想的に表現されています。
ただしその雰囲気とタイトルが少しずれているように思えます。




第二席 「来るよ!!」 山川健一

二席.jpg

色づく空をバックに踏切の遮断棒が
クロスする瞬間を見事に切り取りました。
空だけではなく、
霧が浮かんでいるのも幻想的で素晴らしいです。
しかしこの状況下で踏切がこれだけ明るく写るはずはありません。
写真は黒つぶれや白飛びがあって然るべきなので、
あまり極端な調整は不要かと思います。




第三席 「線路」 西住美穂

三席.jpg

ちょっと鉄道に関心がない人が見れば
いったい何を撮ったのか分かりかねるでしょうが、
個人的には大好きなテイストです。
露出を絞り、線路が輝いているところのみを表しているので、
ローキーで大変印象的な作品に仕上がっています。




第四席 「雨の養老渓谷駅」 駒崎洋介

四席.jpg

写真は動画と違い、
見る人に想像させるところが強みでもあります。
だとするとこの作品の成否は
右にいるであろう駅員さんの手しか
画面に入れなかったことです。
ただしもっと連写して
車掌さんの表情がもっと良いのが撮れていれば、
さらに上位に行けたことでしょう。




第五席 「平和の祭典」 吉田靖子

五席.jpg

同じような絵柄を何年もチャレンジされているようですが、
この一枚が一番良いと思います。
やや高いカメラポジションから撮っているので
ここまでの奥行きが出ているのでしょう。
ただし年度賞はプリント提出なので、
ちょっと色の不具合がもったいなかったですね。




第六席 「めがね橋と祖父と孫」 高橋信行

六席.jpg

のどかな線路端をお祖父さんとお孫さんが
自転車で散歩しているという、
とてもほのぼのとしたワンシーンです。
しかしもっと作品として訴えるには
焦点距離が足りませんでしたね。
二人と眼鏡橋がもっとアップで撮れていればと
悔やんでなりません。




第七席 「注意!!」 渡部円

七席.jpg

通常であれば反射しているシーンを撮るのなら、
反射物に写っている方にピントを合わせるものですが、
この場合はその逆、
つまりこの状態で良かったと思います。
とはいえ構図に難がありますね。
画面右側は標識がギリギリ入るあたりで
カットして良かったと思います。




第八席 「みんなで行ってきまーす」 大野康晴

八席.jpg

親子の楽しそうな表情に惹かれてしまいました。
ところが構図が散漫です。
親子は画面の下の方に置く、
そしてお母さんの右の人は髪の毛のあたりで
カットすべきでした。
せっかくの笑顔ですが、
それに夢中にならずに
画面全体を今一度確認してから
シャッターを押す癖をつけましょう。


posted by CPCれいるうぇいず at 05:30| 日記