2021年09月29日

2021年春のリモート撮影会テーマ「空」「連結」


2021年春リモート撮影会

 6月26日(土)「空」  
6月27日(日)「連結」



総評:山崎 友也

今回は通常なら宿泊しての撮影会でしたが、
コロナ禍ということで、
それぞれ自宅近郊で2日間撮影することになりました。
そのため1日目を「空」、
2日目を「連結」というテーマで挑んでもらいました。


 結果、初日は天気があまり良くなかったため
工夫がみられた「空」に対し、
「連結」の作品に安易なものが多く見受けられました。
「連結」のシーンや状況をそのまま写すのでは
単なる記録に終わってしまうので、
それを想像させるようにアングルやレンズワークなどを
工夫すればもっと作品性は高まったと思います。







第一席 「一瞬の真央様
征矢野 毅彦

1_征矢野毅彦_一瞬の真央様.jpg

おそらくこの光景を肉眼で見て、
このように再現しようと思って撮られたのでしょう。
しかし簡単そうに見えますが、
シャッター速度の設定や車両の位置など、
大変な苦労があったと容易に想像できます。
ひらめきと技術、努力があわさってこその一枚ですね。





第二席 「どんてん
佐藤 新一郎

2_佐藤新一郎_どんてん.jpg

鉄道車両を撮る人は、
車体がハッキリとみえないトラス橋を嫌います。
ところがそのトラスの重なりを利用して
造形美とした発想には、目から鱗でした。
そして何よりも、太陽の存在が主張しつつも雲に隠れている
空の表情がドラマチックで素晴らしかったです。






第三席 「老兵の絆
固山 敏行

3_固山敏行_老兵の絆.jpg

普段私たちが見る連結器は上からなので背景は地面ですが、
下から撮影したことで車体や屋根が背景となり、
とても新鮮な画になりました。
色をなくしたことも質感描写や時の流れなどが
表現されて良かったと思います。






第四席 「空からコンニチワ
木村 正一

4_木村正一_空からコンニチワ.jpg

こちらの作品も運頼みの要素が多いので、
撮るまでの労力は相当だったと思います。
ただし運だけではなく、
車両の下部や足回りをカットして
なるべくパラシュートを大きく撮ろうという構図力を感じます。
GSEのさりげない画面配置も最高でした。




posted by CPCれいるうぇいず at 11:00| 日記

2020年01月24日

2019年 年度賞 入賞・入席作品


2019年 年度賞
総評 山ア 友也


ここ何年か質の低下を嘆いていた年度賞ですが、
今年は多少は改善したように思えます。
特に季節や時期が限定された作品が多く、
賞を狙うという以前に、
良いチャンスを逃すまいという意識の表れだと思います。
会員全員がそういう思いのもと、
技術と感性の向上を図り、
会の趣旨でもある
新たな鉄道写真を目指していければと思っています。




最優秀賞
 「夏の思い出」 山川健一

01山川健一.jpg

合成かと思うほど、まさに絵に描いたような作品で
完璧な仕上がりです。
狙ってもそう簡単には撮れるものではありません。
風の悪影響も受けることなく、
花火の広がりも大きく迫力も満点です。
ただただ素晴らしいという以外ありません。




第一席
Drop light」 森元容梨子

02森元容梨子.jpg

車両に日が射し込んだ情景を見つけたとき、
ただ写すだけではなくローキーに表現したことで、
スナップと言うよりも広告写真のような作品になっています。
何気ないシーンも見逃さず、
瞬間に撮りたい絵を思い描ける
想像力の豊かさのおかげでしたね。




第二席
」 木村正一

03木村正一.jpg

適切なシャッタースピードを探し当て、
堰を流れ落ちる水のようすを造形美として捉えた秀作です。
川の風景写真とするのではなく、
列車をボカしてイメージ写真とした発想が正解でした。
鳥がいてくれたのも席次を高めた大きな要因です。




第三席
春宵」 窪田稔

04窪田稔.jpg

こちらの作品も通常なら列車にピントを合わせたいところですが、
あえて主題を桜にしたところがポイントです。
しかもホワイトバランスも好みの色合いになるよう、
撮影時から設定していることも絵づくりの能力の高さですね。




第四席
三ツ目ばく進」 市川健一郎

05市川健一郎.jpg

電化区間というのは非電化区間に比べると
人工物などの邪魔ものが多く、
なかなかすっきりと撮ることができないのですが、
時間帯と巧みな露出ワークでそれらを一気に消し去りました。
列車のライトの数も計算に入れている点も脱帽です。




第五席
去りゆく秋」 寺倉篤史

06寺倉篤史.jpg

季節と天気、そして時間帯の三拍子が揃わないと
撮れない一枚ですね。
タンク車の形状と反射も良いのですが、
更に作品性を高めて上を目指すのであれば、
車両に対する想いを少し減らし、
ここはススキにピントを合わせるべきでした。


posted by CPCれいるうぇいず at 15:21| 日記

2019年秋撮影会 「ひたちなか海浜鉄道・真岡鐵道」


2019年秋撮影会
 「ひたちなか海浜鉄道・真岡鐵道
5月23日(土)、24日(日)


総評:山崎 友也

2日間とも大雨で、撮影条件としては最悪でした。
ただ、何度も言っているように、
このような状況の方が秀作が生まれやすく、
かつ個性が出やすいものです。
今回もその理論が証明されたと思います。

雨ならではの光景、
雨でなければ撮れないカットが目を惹き、
やはりそのどれもが個性的で優れていました。






第一席 「ほの暗い道の先に
固山 敏行

01固山敏行.jpg

雨で濡れてしっとりとした植物に覆われた、
トンネルのような細い路。
その先にふと顔を覗かせる踏切を通過していくツートン列車。
構図も露出もシャッターチャンスも列車の大きさも、
すべてが計算尽くされて撮られた傑作で、見事のひと言です。





第二席 「熱情
西住 美穂

02西住美穂.jpg

鮮烈ともいえる赤色で覆われ、
列車が走っている動感もあり、
作品としてはこちらが最もインパクトがありました。
WBや構図などには多くの問題点がありますが、
「写真」ではなく「作品」という面で、
技術や理論ではなく感性で撮られた、
素晴らしい一枚だと思います。





第三席 「雨の日の憂鬱
野村 一也

03野村一也.jpg

「列車に乗っている人のゆううつさが出るイメージで」
というコメントがありましたが、それを知らずとも、
そのような意図が伝わってきます。
色合いもそうですし、
紙にもこだわってプリントアウトしたあたりに、
作者の表現者としての意志を感じます。






第四席 「雨あがりのひととき
村田 秀人

04村田秀人.jpg

雨粒にまとわれたセイタカワダチソウが、
宵の頃の独特の雰囲気のなかでたたずんでいます。
ただしメインとなっている草の先端が切れているのが残念です。
その奥を走る列車の赤いテールランプが
色の対比となり非常に印象的なだけに、惜しかったです。





第五席 「色彩モノクローム
寺倉 篤史


05寺倉篤史.jpg

ホームに溜まった水たまりに、
駅員が映り込んだシーンをうまく捉えました。
作者は作品として写真の天地を逆さまにしていますが、
むしろ個人的には撮った状態のままの方が良かったと思います。
足の切り方なども絶妙だっただけに、もったいない限りです。




posted by CPCれいるうぇいず at 15:07| 日記