2022年12月18日

2022年 年度賞 入賞・入席作品

2022年 年度賞


総評:山崎 友也

今まで酷評してきた年度賞の作品ですが、今年は違いました。今までで一番レベルが高かったですね。
もちろん例年通り「これが年度賞候補?」という会員もいましたが、全体的に良かったです。ただ出展数などを鑑みて、苦渋の決断ですが上位4名に絞らせていただきました。
みなさん、この調子で来年もバリバリ良い写真を撮りましょう!





最優秀賞 「なんとなくクリスタル
市川健一郎

2022年度最優秀賞 市川健一郎、なんとなくクリスタル.jpg

雨に濡れた線路を捉えたものですが、

ピントがどこにもあっていません。

色合いのせいもあると思いますが、ただそれが逆に非常に印象派的な表現というか

シンプルに心に受け止められるのでしょう。

どことなく悲しげな感じも感情移入させられます。

人の心を打つ、大変見事な手法だと思います。




第一席 「都会の風物詩
西住 美穂

2022年度賞1席西住美穂 都会の風物詩.jpg

どんど焼きのシーンでしょうが、

まず特筆すべきは傍観者になっていないことです。

このような写真は通常ワイドで周りの人たちも入れて撮ってしまい、

結局何を表現したかったのかが分からないものが多いです。

こちらの作品は望遠系のレンズで燃えさかる火に焦点を合わせたところがポイントです。
熱による陽炎も良い効果を出してくれましたね。





第二席 「光芒一閃
やまかわけんいち

2022年度賞2席やまかわけんいち 光芒一閃.jpg

どこかの著名な鉄道写真家の作品に似ていますね (^_^;) 

トンネルのなかから列車が出てくる瞬間を冬に捉え、

白と黒の世界でインパクトも十分です。ただそれならば根雪ではなく、雪が積もった際に撮りたかったですね。

線路や木々も真っ白の方が、よりげんそうてきだったと思います。





第三席 「春」
木村正一

2022年度賞3席 木村正一 春.jpg

会の方針として「新しい鉄道写真を目指す」ということから、

なかなかきれいな絵はがきのような風景写真は選ばないのですが、

この作品はそれを上回るものがありました。

左右の桜でシンメトリーを作り、あえてSLを日の丸の位置に置くという、

絵はがきとは全く異なる個性が光った一枚でした。




第四席  該当者なし








posted by CPCれいるうぇいず at 20:52| 日記

2022年秋撮影会 「小湊鉄道・五井機関区」

2022年秋撮影会
 「小湊鉄道・五井機関区
11月23日(祝)


総評:山崎 友也

総評

というよりも、雨だったせいか参加者の少なさにがっかりです。

とにかく撮影会は会の公式行事であり、そもそも参加しなければならないはずです。

急を要する事情でない限り、全員参加が基本です。
まぁ愚痴をいっても仕方がないのですが、常日頃からボクが言っているとおり、

「悪条件の時ほど良い作品が撮れる」。今回もまさにそうでした。

逆に言うと、普段もう少し考えて撮りましょうということですね。
やる気のある人たちが悪い条件のなかでいろいろ考え抜いて撮ったからこそ、

数は少なくとも優秀な作品が多かったです。



第一席 「前照灯
堀内敦彦

2022年秋撮影会1席 堀内敦彦 前照灯.jpg

降りしきる雨のなか、みんなで苦労しました。

でも雨だからこそ、しかも豪雨だったからこそ撮れた一枚ですね。

個人的にはもっとシャッタースピードを遅くして雨筋を長くしたかったですが、

枝や葉っぱについた雫からも雨感満載です。

あと、タイトルはもう少し考えましょう。






第二席 「スプラッシュ
やまかわけんいち

2022年秋撮影会2席 やまかわけんいち スプラッシュ.jpg

狙いはすごく良いです。

色温度を変えたところも雰囲気が出て良いです。

背景の被写体を画面に全部入れず、右側をカットした構図も良いです。

ただ、絞りが足りませんでした。

もう少し被写界深度を深くしてボケているSLがもっと分かるくらいであれば、

間違いなく一席でした。






posted by CPCれいるうぇいず at 20:37| 日記

2022年11月22日

2022年第4回例会(10/23実施)入席作品【テーマ:抽象】

テーマ : 抽象

総評 山ア 友也

 前回の例会ゲストである

鉄道写真家山下大祐氏が提示したテーマでしたが、

それこそなかなか抽象すぎて難しかったかもしれません。

要するに「具体的ではない」ということなので、

要素や側面を抜き出して表現することがコツだったでしょうか。

そう考えると理屈で見せるのではなく、

どのように撮ったかがすべてでした。






第一席 「閃光」
山川健一
抽象@閃光 山川健一.jpg

アイデア、表現、インパクトともに群を抜いていました。

今回のテーマは

はっきりと分からせることが重要ではなく、

なんとなく理解させられれば良いのです。

ただこれが列車のヘッドライトだけではまったくダメで、

上の架線が輝いていることが
大きな決め手となりました。



第二席 「整列」
野村一也

抽象A整列 野村一也.jpg

錆びた味のあるレールが整然と並んでいるシーンですが、

この淡い色合いが何とも言えずテーマを醸し出しています。

濃いはっきりとした色だと、逆にダメだったでしょう。

あとレール断面の数字が具体性を表しているので、仕方がないとは言え、

そこがとても残念でしたね。





第三席 「軌跡」
市川健一郎
抽象B軌跡 市川健一郎.jpg

これで良いと思います。

何かを反射して赤く光っているレールをやや上から撮影したものですが、

一般の人には何が何だか分からないかもしれません。

そこを差し引いても、今回のテーマには則しています。

鉄道写真と言えるかどうか微妙ではありますが、

ボクはこの露出を決断した勇気と度胸と信念を支持します。





posted by CPCれいるうぇいず at 11:29| 日記