2019年06月08日

2019年第2回例会(4/13実施)入席作品【テーマ:空】


テーマ : 空

総評 山ア 友也

 「空」というテーマでしたが、
ただカメラを上に向けて撮ったものが
非常に多かったです。
そのうえ桜や太陽など、
違うものがテーマとなっている作品も
たくさんありました。
もっとストレートに空を捉えれば
良かったと思います。
 そんななか、希な自然現象を
絶妙なタイミングで撮影したものが、
やはりドラマチックに仕上がっていました。

 




第一席 窪田 稔

01窪田稔.jpg

夜に空から降り注ぐ雨粒が、
距離によって大小さまざまに写っていることから、
空の奥行きと広がりを感じさせてくれます。
レンズについた水滴が警報機の光を反射させ、
幻想的な雰囲気を醸しだしています。
全体的に黒いなか、
この赤色が非常にインパクトを与えてくれました。





第二席 佐藤 新一郎

02佐藤新一郎.jpg

まるで夏の夕方のような印象深い一枚です。
このような雲は狙って撮れるものではないので、
この場所にいたこと、
そしてカメラを持っていたことがなによりでした。
列車に太陽が反射していたことも、
他の、雲をメインに撮った作品とは異なる点でした。






第三席 佐藤 理

03佐藤理.jpg

風景をメインにしたものが多かったなか、
スナップ的なこちらの作品は
ひときわ異彩を放っていました。
あえて空を副題のように捉えた表現は見事です。
煙室のドアが開き、
そこからも空が覗けるところに、
なにかはかなさやわびしさのようなものを感じました。





第四席 固山 敏行

04固山敏行.jpg

虹という自然現象はいつまでも続くものではなく、
あっという間に終わってしまいます。
虹が出そうなタイミングは分かるのですが、
それをきちんと捉えようとすると
なかなか難しいものです。
また列車がたくさん絡んでいることからも、
運も味方につけました。





第五席 市川 健一郎

05市川健一郎.jpg

夕暮れ空にたなびく雲を横位置で狙い、
広がりを出しました。
が、やはりテーマが「空」ですので、
左の植物は不要でした。
そしてここは広がりよりも、
縦位置で空の面積と割合を極端に多くすれば、
より空のグラデーションも表現できて
良かったでしょう。






第六席 野村 一也

06野村一也.jpg

晴れや夕暮れ時の美しい情景が多かったですが、
こちらはどんよりとしたおどろおどろしい空を、
ホームをシンメトリーとして写しとりました。
朝の日の出頃のイメージは表現できていますが、
テーマからするとちょっと他の要素が
入り込みすぎたかも知れません。






posted by CPCれいるうぇいず at 21:33| 日記