2019年01月16日

2018年秋撮影会 「東海道新幹線・東海道線・小田急線」


2018年秋撮影会
 「東海道新幹線・東海道線・小田急線」
10月20日(土)


総評:山崎 友也

早川と新松田といい、
撮影場所の都合からポジションが限られてしまうため、
似たような絵柄になってしまうのでは
という懸念もありましたが、
新松田での作品は個性あるものが多く提出され、
バラエティに富んだ入賞作となりました。
反面、早川の撮影地での作品が
選出されなかったということは、
個人の感性もさることながら、
場所選びにも要因があったのではないでしょうか。




第一席 「雲間」
木村 正一

01.jpg
小田急電鉄のお立ち台ともいえる新松田の鉄橋ですが、
悪天候へと変わっていくなかでの自然現象を
主題として上手く追い風と変えました。
雲間から差し込む光芒を大きく捉え、
構図も申し分ありません。
しかも列車がすれ違っていることからも、
きっと天使が味方してくれたのでしょう。





第二席 「並んだ♪ 並んだ♪」
吉田 靖子

02.jpg

並んで干されているペットボトルカバーを主題にするという、
その着眼点と発想が素晴らしく、
カバーのすき間に列車の顔を配置させる
というアングルも、バランス良いです。
やや色がのっぺりした感じを受けるので、
コントラストを少し上げて
濃度を少し下げても良かったかもですね。





第三席 「類似」
西住 美穂

03.jpg

おびただしいばかりの竹を画面のほとんどが占め、
全体的にローキーにすることで、
雑然としたようすや虚しさ、
寂しさのようなものを増長させています。
ただしピント位置が
メインの竹の先端にしなかったことに、
詰めの甘さを感じます。





第四席 「立ちすくむ しらさぎ」
峯浦 憲光

04.jpg

浅瀬にたたずむ鷺を超望遠レンズで捉えましたが、
被写界深度が深すぎました。
F10での撮影ということですが、
ここは開放で撮影し、
もっと列車や背景をぼかすべきでした。
あとは列車の存在感に鷺が負けていますので、
もう少し鷺を大きく撮るよう工夫が必要です。





第五席 「遥か向こうの倖せに向かって」
山川 健一


05.jpg

もう少し早い時間帯に狙えば、
太陽が橋梁の中心にあって
シンメトリーの構図になっただけに残念でした。
あとは被写体は特急である必要は全くないので、
できれば橋の両側に列車がいるタイミング
で 撮れたとするならば、
間違いなく一席でしたでしょう。





第六席 「穏やかなひととき」
寺倉 篤史

06.jpg

狙いと表現方法はバッチリでしたが、
ちょっと色の濃度が濃すぎでした。
席次はプリントでの判断ですので、
もったいなかったです。
細かく言えば、
メインの花びらの左下のつぼみや茎は
重ねない方が良かったですね。








posted by CPCれいるうぇいず at 05:35| 日記