2017年12月11日

2017年秋撮影会 「富士急行・リニア見学センター」


2017年秋撮影会
 「富士急行・リニア見学センター」
10月21日(土)


総評:山崎 友也

雨が降りつづき、
コンディションが悪いなかでの撮影会でしたので、
どのように撮ろうか迷った方も多かったはず。
そういうときには撮影地や構図、狙いなど、
現状に即したものに変えて対応しないと
良い作品は撮れないでしょう。
 そう考えると今回選ばれた多くの作品が、
雨や暗さをテーマやモチーフに撮影されたことも、
至極当たり前のことなのかも知れません。




第一席 「タイムスリップ」 吉田 靖子

01_yoshida_タイムスリップ.jpg

展示されている寝台特急の車内からの風景ですね。
小窓を利用して額縁構図での表現が、
実際に自分もそのように目にしているかのような
臨場感を与えてくれます。
列車をブラしたことも良かったですが、
やはり窓についた雨粒がアクセントとなり、
モノクロで撮影した懐古的な雰囲気を
よりいっそう強調してくれました。




二席 「smiling in the rain」
山内 真弓

02_山内_smiling in the rain.jpg

人のスナップは表情が大事です。
しかも複数名を撮影するとなると、
なかなかすべての人の表情がそろわないのですが、
ここに写っている4名全員が
微笑ましい笑顔で写っています。
窓越しの撮影なのか
画面左下半分が滲んでいるのも、
雨の様子が伝わってきて
良い方向に向かいました。




三席 「Stream」 齊藤  誠

03_齊藤_Stream.jpg

「ただ列車をブラしただけか・・・」
との先入観が強すぎ、
じっくりと目を通さなかったこと、
最初にお詫びいたします。
長時間のシャッター速度もそうですが、
それに伴う絞りのおかげで
画面全体の質感、
解像感も素晴らしいです。
光量不足の状況を逆手に取った
発想力に脱帽です。




四席 「疾走!L0」 峯浦 憲光

04_峯浦_疾走!L0.jpg

本来流し撮りというのは
背景が流れてこその表現なのですが、
あえて露出を絞り、
闇を創りあげてリニアを
浮かび上がらせています。
ノーズの先端がブレているので、
見る人がみれば流し撮りで撮った
というのは分かります。
狙いと技術が伴って生まれた作品です。




五席 「幸せの青いことり」福田 光昭

05_幸せの青いことり_original.jpg

同じ場所にいても
気づかないことはあるものですね。
何気なく目にも留まらないようなものに
どう気づくか、
またそれをどう表現するか。
それが感性というものです。
さらに列車をブラすにはどうするかという、
技術的なことが組み合わさりました。
絞り優先オートでは表現できない一枚ですね。




六席 「秋の雨」 橋 信行

06_秋の雨.jpg

雨が降っているなら雨を写す。
当たり前のようで、
実はなかなかそういう風に
頭を切り換えられないものです。
しかも
実際に降っている雨粒や雪を写し出すには、
ちょっとした工夫も必要です。
個人的にはもっと感度を上げて絞りを絞り、
ピント位置ももう少し手前の方が
良かったかと思います。


posted by CPCれいるうぇいず at 20:40| 日記