2017年03月14日

第30回例会(1/22実施)入席作品【テーマ:自由】



テーマ : 自由

総評 山ア 友也


今回はテーマが「自由」ということで、
皆さんの個性あふれる?
作品群が集まると期待していましたが、
やや拍子抜けした感が否めませんでした・・・
「好きなように撮ってください」と
クライアントに言われるのが一番困るのが私たちプロの世界、
皆さんはアマチュアなので自分の好きなテーマで
生き生きとした写真を素直に撮れば良かったのですが、
少々考えすぎたようでしたね。
既存の枠にとらわれず、
そもそももっと自由な発想でそれぞれ刺激し合って、
この会を盛り上げて生きましょう!




第一席 「ヴィーナス」 福田光昭

1席.jpg

三日月と列車の軌跡を見事に捉えた作品です。
月の出と方角、そして列車の時間を計算しないと撮れません。
しかも月に大接近した金星をも写し止めていることで、
より写真的価値を高めています。
すべてが狙い通りに撮れた素晴らしい一枚だと思います。




第二席 「降りすぎ・・」 西住美穂

2席.jpg

降りしきる雪のなか、
踏切を渡るけなげな親子の姿を写しました。
画面右側の空間がちょっと余計でしたが、
レールのカーブの向きと親子の進行方向など、
全体的には構図のバランスも取れています。
ただしタイトルの付け方を
もう少し考えた方が良いかと思います。




第三席 「雪日」 森元容梨子

3席.jpg

このような悪条件でこそ良い写真が撮れるのだと、
経験上ボクは思います。
美しく幻想的な風景なのですが、
構図に難がありました。
ベンチを中央に置いてシンメトリーにして、
右の柱はカットすべきでした。
ただ列車をブラした感性は大正解でしたね。




第四席 「子午線の駅」 中村真理

4席.jpg

日本標準時子午線をまたぐ駅でのスナップですが、
ホームのタイルだけでは鉄道感に乏しいので、
奥に列車を入れたのが良かったです。
ただしもっとISO感度を低くして
絞って撮れば必然的にシャッター速度も遅くなります。
その結果列車がブレるので、
さらに良くなったと思います。




第五席 「かって踏切」 山川健一

5席.jpg

雪原を歩く小動物の足跡。
それが線路をまたいでいることから、
このタイトルになったのだと思います。
まぁ彼らにしてみれば踏切もなにもないのでしょうが(笑)。
ただスクエアにした意味が見えないのと、
どうせなら樹木の影がないところで撮りたかったですね。




第六席 「散歩」 尾崎浩

6席.jpg

かつての写真展の際に、
「園児でもいればもっと良かったのに」と
ボクが講評したリベンジなのか、
田舎の昼時を非常に表した作品です。
ただしもっと言うならば、
やはり園児たちが
この踏切を渡っていた方が良いでしょうね。
それくらいやらないと面白くありませんね!




次点(順不同)

堀内敦彦、 固山敏行、 渡部円


posted by CPCれいるうぇいず at 20:21| 日記