2017年03月14日

2016年 年度賞 入賞・入席作品


2016年 年度賞
総評 山ア 友也



総評
やはり年度賞ともなると皆さんのやる気が変わってきますね。
場所も季節も異なるそれぞれの作品を見ていると、
他の鉄道フォトコンにはない個性が感じられ嬉しく思います。
ただし会員数に比べると提出枚数が少ないのが
残念なところではありますが。




最優秀賞
 「朝焼けザバーン」 堀内敦彦

最優秀.jpg

波と列車を同時に撮るだけでも難しいのですが、
さらに朝焼けを受けて列車の輝きも加わり、
これ以上ない組み合わせになりましたね。
もちろん露出や構図のバランスなども良く
基礎もできていますので、
運だけではなく作者の実力も感じ取れる秀作です。




第一席 「輝け、ゴーッ!!」 山本俊則

一席.jpg

作品であればピントが合ってたりぶれていないということは
それほど重要ではありません。
逆光で輝くレールとトンネルの中との激しい明暗差を
ぼかしたりぶらしたりすることで、
とても詩的で空想的に表現されています。
ただしその雰囲気とタイトルが少しずれているように思えます。




第二席 「来るよ!!」 山川健一

二席.jpg

色づく空をバックに踏切の遮断棒が
クロスする瞬間を見事に切り取りました。
空だけではなく、
霧が浮かんでいるのも幻想的で素晴らしいです。
しかしこの状況下で踏切がこれだけ明るく写るはずはありません。
写真は黒つぶれや白飛びがあって然るべきなので、
あまり極端な調整は不要かと思います。




第三席 「線路」 西住美穂

三席.jpg

ちょっと鉄道に関心がない人が見れば
いったい何を撮ったのか分かりかねるでしょうが、
個人的には大好きなテイストです。
露出を絞り、線路が輝いているところのみを表しているので、
ローキーで大変印象的な作品に仕上がっています。




第四席 「雨の養老渓谷駅」 駒崎洋介

四席.jpg

写真は動画と違い、
見る人に想像させるところが強みでもあります。
だとするとこの作品の成否は
右にいるであろう駅員さんの手しか
画面に入れなかったことです。
ただしもっと連写して
車掌さんの表情がもっと良いのが撮れていれば、
さらに上位に行けたことでしょう。




第五席 「平和の祭典」 吉田靖子

五席.jpg

同じような絵柄を何年もチャレンジされているようですが、
この一枚が一番良いと思います。
やや高いカメラポジションから撮っているので
ここまでの奥行きが出ているのでしょう。
ただし年度賞はプリント提出なので、
ちょっと色の不具合がもったいなかったですね。




第六席 「めがね橋と祖父と孫」 高橋信行

六席.jpg

のどかな線路端をお祖父さんとお孫さんが
自転車で散歩しているという、
とてもほのぼのとしたワンシーンです。
しかしもっと作品として訴えるには
焦点距離が足りませんでしたね。
二人と眼鏡橋がもっとアップで撮れていればと
悔やんでなりません。




第七席 「注意!!」 渡部円

七席.jpg

通常であれば反射しているシーンを撮るのなら、
反射物に写っている方にピントを合わせるものですが、
この場合はその逆、
つまりこの状態で良かったと思います。
とはいえ構図に難がありますね。
画面右側は標識がギリギリ入るあたりで
カットして良かったと思います。




第八席 「みんなで行ってきまーす」 大野康晴

八席.jpg

親子の楽しそうな表情に惹かれてしまいました。
ところが構図が散漫です。
親子は画面の下の方に置く、
そしてお母さんの右の人は髪の毛のあたりで
カットすべきでした。
せっかくの笑顔ですが、
それに夢中にならずに
画面全体を今一度確認してから
シャッターを押す癖をつけましょう。


posted by CPCれいるうぇいず at 05:30| 日記