2017年01月19日

第29回例会(12/18実施)入席作品【テーマ:クリスマスっぽい】



テーマ : クリスマスっぽい

総評 山ア 友也

写真家の小澤太一氏よりいただいた
「クリスマスっぽい」というテーマのもと、
各自苦労されたようすが提出作品から伺えます。
なかなか難解なテーマだと思いますが、
キーは「っぽい」というところなのではないでしょうか。
つまり「クリスマス」ではないということです。
そう読み取ると、
サンタやツリーといったズバリではなく、
なんとなくそれを感じさせる表現に
なっていくのではないかと思います。




第一席 「毎日がスペシャル」 吉田 靖子

審査用_吉田靖子_毎日がスペシャル.jpg

カラフルな自動改札をツリーに見立てる
という感性が素晴らしいですね。
人の配置やシャッター速度など
写真的には難点が多いものの、
発想力の方が勝りました。
おそらく小澤氏もこういうことを
言いたかったのではないでしょうか。




第二席 「シグナルイルミネーション」 高橋 信行

審査用_高橋信行_シグナルイルミネーション.jpg

線路に立つ多くの信号機を
クリスマスのイルミネーションに例える
というアイデアが見事でした。
右のホームはもう少し削っても良かったですが、
とにかくテーマや趣旨にのっとった絶妙な作品です。
この感受性をどんどん伸ばしていって欲しいと思います。




第三席 「Mickey in Mickey」 市川健一郎

審査用_市川健一郎_Mickey in Mickey.jpg

ぱっと見はよく分かりませんでしたが、
STATIONの文字があるので駅→
ディズニーリゾートライン
だという図式が成り立ちます。
ただ赤いイルミネーションは
もっとぼかした方が良かったでしょう。
F値が1.4なので、
この場合はもっと望遠のレンズを使うべきでしたね。




第四席 「お待たせぇー。」 新田 和仁

審査用_新田和仁_お待たせぇー。.jpg

アーケードの灯りやイルミネーションで
クリスマスっぽさが伝わり、
また人を入れたのがポイントでした。
しかしながら、このあたりからだんだんと
そのものズバリに近づいてきています。
あと焦ったせいか水平が出てないのも惜しい点でした。




第五席 「たずむ昭和」 渡田 宏

審査用_渡田宏_たたずむ昭和.jpg

おなじみ新橋のSLとイルミネーションを
大胆に切り取りました。
が、やりすぎたせいか、
一般の人が見たときにSLと分かるかどうか、
そこが悩ましいところでした。
もう少し鉄道感があると
もっと上位にいく作品でしたが、
とはいえこの大胆さはある意味評価できると思います。




第六席 「聖夜の夜に」 野村 一也

審査用_野村一也_聖夜の夜に.jpg

クロスフィルターを使って
クリスマスらしさを表現するほか、
遠近感を利用して巧みにツリーを
イメージさせるところも良い視点です。
ただしこちらももう少し線路を強調しないと、
鉄道スナップとしては成立しないのではないでしょうか。




次点

米沢 朋英  岩山 典之


posted by CPCれいるうぇいず at 21:05| 日記