2015年11月19日

第23回例会(10/17実施)入席作品【テーマ:小さい秋】


テーマ : 小さい秋


総評 山ア 友也

今回のテーマも抽象的で難しいとは思いましたが、
蓋を開けてみると意外や意外、
なかなか写真的にはレベルが高くて
セレクトするのに苦労するほどでした。
ただし残念だったのは、
手前の被写体にピントをあわせて
列車をボカした写真があまりにも多かったということです。
発想がワンパターンに近いので、
少し撮り方や視点を変える必要があるでしょう。




第一席 「道端のエール」 服部 禎仁

審査用_服部禎仁_道端のエール.jpg

踏切のたもとに生えるアキノエノコログサ。
夕方に逆光で狙うことにより、
穂が輝いて美しさを増しています。
列車も画面の端に小さく入れ込んでいるので、
存在感も弱くて良いと思います。
普段は目にも留めないような場所でたまたまみつけた、
これぞ小さい秋ではないでしょうか。




第二席 「風そよぐ」 林 貴美

審査用_林貴美_風そよぐ.jpg

ほとんどの会員が手前の被写体にピントをあわせて撮っていたなか、
列車をインフォーカスで撮影した数少ない作品です。
しかもスローシャッターでコスモスをブラし、
列車は逆光で輝きを浴びるという大胆な撮り方に
大変新鮮味と発想の豊かさを感じました。
素晴らしいと思います。




第三席 「忍び寄る影」 山本 正雄

審査用__ _山本正雄_ _忍び寄る影.jpg

コスモスや柿、栗、彼岸花、ススキなどに
ピントをあわせて撮影された作品は数多かったのですが、
ただそうして撮っただけではインパクトもありません。
そう考えるとこちらのシーンはダントツに心に残りました。
右に伸びる茎の処理さえできていれば完璧でしたね。




第四席 「寒露の朝」 窪田 稔

審査用_窪田 稔_寒露の朝.jpg

まだ稲の穂が緑色なのと朝露が降りていることから、
秋の始まりを感じさせてくれます。
低く斜めから伸びる逆光線で撮っているため、
稲の葉や水滴がきらきらと輝いてきれいですね。
ただしどの露にピントをあわせたのか、
もっと明確になるよう撮った方が良かったでしょう。




第五席 「衣替え」 吉田 靖子

審査用_吉田靖子_衣替え.jpg

駅のホームで、しかも人工物ですが、
確実に季節は移りゆくものなのですね。
この視点には脱帽です! 
残念なのは秋感が少ないこと。
もう少し前から今よりもワイドで撮ったりするなどして、
看板のモミジがもっと画面を占めていれば、
かなり面白い作品になったと思います。



 
第六席 「着陸態勢」 野村 一也

審査用_野村一也_着陸態勢.jpg

夕焼け空とアキアカネで十分秋の訪れが表現できています。
ただ難しいのはトンボは小さいため、
標識の存在感が強すぎることです。
このことはどうしようもないことだと思います。
画面左にじゃまな柱があったりしますが、
列車のアウトフォーカスを狙わなかった作風に惹かれました。




次  点 

木村 正一、 花木 広幸、 固山 敏行、
工藤 治彦、 山川 健一
posted by CPCれいるうぇいず at 04:22| 日記