2015年08月28日

第22回例会(8/23実施)入席作品【テーマ:上野東京ライン(上野駅〜大崎駅)】


テーマ : 上野東京ライン(上野駅〜大崎駅)
(春撮影会再撮)


総評 山崎 友也


春の撮影会のあまりのふがいなさから、
今回の課題は再撮を命じました。
その甲斐あってか、前回よりは力作が多かったと思います。
ただしやはりテーマが難しいのか、参加者が少なかったのが残念です。
とりあえず自分自身の現状を把握する意味でも
必ず課題作品は提出するようにしないと、
会にいる意味もなくなるのではと思います。



第一席 「さわやか空間」 岩山 典之

審査用_岩山典之_さわやか空間.jpg

果たして山手線がこんな景色のところを走っているとは、
誰が想像したでしょうか?
まさにロケハン能力の勝利ですね。
草や竹と列車のラインも見事にマッチして、
都会とは思えないさわやかな一コマに仕上がりました。



第二席 「空っぽ」 吉田 靖子

審査用_吉田靖子_空っぽ.jpg

普段は人であふれているのに、
人も車もまったくいない。
東京ではないようですが、
これがお盆ならではの東京の光景ですね。
これを狙って撮りにいった
という作者の想像力と実行力に敬意を表します。




第三席 「九十歳」 市川 健一郎

審査用_市川健一郎_九十歳.jpg

東京の鉄道にはまだまだ古く歴史ある建造物が
たくさん残っているのですね。
90年間差さえ続けてきた橋脚や橋梁の重厚なスチール感と、
その上を走る最新の電車との対比も面白いです。




第四席 「Palette」 中田 仁志

審査用_中田仁志_Palette.jpg

ロケハン力に加え、写真的なセンスも加わった秀作です。
ただしせっかくパターンに並んだ
ビルの窓の配置の仕方に難が見受けられます。
窓の並びを優先して構図を考えた方が良かったでしょう。




第五席 「西日」 尾野 靖

審査用_尾野靖_西日.jpg

窓に反射した夕日を切り取るだけでも十分絵になりますが、
そこにタイミング良くカメラを構えた女性がいてくれたおかげで、
夕日の美しさまで伝わりました。
とっさのことだと思いますが、
その運を見逃さなかったところが良かったです。




第六席 「新幹線でお出かけ」 谷口 一成

審査用_谷口一成_新幹線でお出かけ.jpg

案内板やピクトグラムは日々進化していますが、
このようなまだ昔のものも残っているのですね。
そこに目をつけ、なおかつ人をぶらして入れ込んだのがセンスですね。
ただしこの色合いには疑問も残りますが。



次   点

窪田稔、  固山敏行、  工藤治彦



※東京及び近県以外のメンバーもいるため、
そのメンバーは居住地近辺の線区を指定して課題としました。

posted by CPCれいるうぇいず at 01:17| 日記